0120-137-750

受付:8:00~18:00(土曜 8:00~17:30)
定休日:日曜日

相談できる屋根のリフォーム屋さん

屋根リフォームの事なら
なんでもお気軽にご相談ください!

  • お問い合わせ
  • 0120-137-750
  • TOP
  • ドローン点検

Drone

ドローンを使ってお住
まいを診断しませんか?
Diagnosis

ドローンを使ってお住まいを診断しませんか?

なぜドローンでお住まいの診断を⾏うのか?

もともとドローンを導⼊しようと思ったのは、お客様からのご要望でした。
「費⽤をかけずにちょっと屋根を⾒て欲しい」
通常、屋根のような⾼い所を⾒るためには、「⾜場」を作るか、「⾼所作業⾞」で確認が必要なり、確認のためにも費⽤が発⽣してしまいます。そこでドローンの導⼊を検討しました。

通常どのお住まいも現地調査をさせていただいおりますが、ドローンを導⼊後は普段⾒れない屋根の全体像もお客様に簡単に確認していただけ、⼤変喜んでいただけるようになりました。
また⾜場を掛けずに調査が出来るので、お客さまにもご迷惑をかけること無く、スピーディーに確認作業ができるので、新しい技術ですが、思い切って導⼊したおかげで、⾊んなメリットがわかってきました!

ドローン点検特徴

屋根は台⾵の翌⽇やリフォーム後のアフターメンテナンス時の点検でもなかなか⾒れないヵ所となりますが、ドローンを⾶⾏させて5分程度のお時間で屋根の状態がお客様と共に確認可能です。

ドローン点検のメリット

  • 動画や写真で屋根の状況が⼀⽬で理解できる
  • ハシゴを架ける時間が短縮でき、時間が掛からない
  • 屋根からの転落事故の危険が無い
  • どんなに⾼い屋根でも状況把握できる
  • 1⽇に多数の屋根診断が可能
  • 屋根だけでなく、外壁の状態も確認できる
  • ドローン点検の特徴
  • ドローン点検の特徴
  • ドローン点検の特徴
  • ドローン点検の特徴

屋根に上がり⽬視が⼀番の診断だと思いますが、屋根に登って調査するということは、少なからず屋根に負担を掛けてしまいます。
ドローンの⼿元の操作画⾯を使えば、撮影中のその場でお客様に操作画⾯を⾒せながらお住まいの状況を動画や画像でお⾒せすることが可能です。
⾼所の点検作業は、⾜場の設置が必要なため、お客様のご負担が増えてしまっておりましたが、ドローンを使⽤することで、⾜場設置のコストがカットでき、そのままお客様と⼀緒にリアルタイムでご確認がいただけますので、スピードの⾯でも⼤きなメリットがあります。

ドローンを⾶ばすには資格と許可書が必要です
License

国土交通省飛行許可証
ドローン操縦士資格があるので安⼼

国土交通省飛行許可証とドローン操縦士資格があるので安⼼

ドローンを⾶ばすためには許可書が必要です。
⽥舎でない住宅街ではほぼ必ず国⼟交通省の発⾏する無⼈航空機の⾶⾏許可が必要になります。
仮に⽥舎でも本来必要になる空撮画像は約15m程の⾼さからの撮影が望ましいのですが実際は30mの距離を保たなくては⾶⾏することは不可能なのです。

こういった条件をクリアするにはこの無⼈航空機の許可が必要になります。
⾶⾏している際に近隣のご迷惑にもならないように配慮も忘れません。

その点、当社はドローンの操作訓練をしっかり受けて、資格も取得しているので、ドローンの⾶⾏操作を安全に⾏うことができます!

×

受付:
平日 8:00〜18:00
⼟曜 8:00〜17:30
fix_img