0120-137-750

受付:8:00~18:00(土曜 8:00~17:30)
定休日:日曜日

相談できる屋根のリフォーム屋さん

屋根リフォームの事なら
なんでもお気軽にご相談ください!

  • お問い合わせ
  • 0120-137-750
  • TOP
  • なぜ屋根のリフォーム工事が必要なのか?

Necessity

屋根リフォームが必要な理由
Reason

屋根のリフォーム⼯事が必要な理由はたくさんあります。
屋根の劣化、⾬漏り、屋根が壊れてしまったなど、
屋根の事で困っている場合には、なるべく早く修繕・補修をすることをおすすめいたします。
屋根の修理以外にも、屋根のメンテナンスやを塗り替えなど、屋根に関する様々なお悩みをお解決いたします。

劣化している、
寿命なので修理がしたい

  • 屋根素材にも寿命があるためメンテナンスが必要。
    (カラーベスト・セメント系⽡など)
  • 屋根の表⾯は⼤丈夫でも20年くらいすると内部の防⽔シートの剥がれや⽳空きなどが発⽣し漏⽔する恐れがある。

⾬漏りを直したい

  • 家の劣化により⾬漏りをしてしまう。
  • ⾬漏りの原因がわからなくて困っている。
  • 天井にシミがあり⾬漏りしているか不安。

塗装ができず困っている

  • 前回の塗装で失敗し、塗装したくても塗れなくて困っている。
  • 経年劣化が激しく塗装できないため修理⼯事がしたい。
  • 塗装したくても、塗っても密着しない屋根材が新築時に施⼯されている場合。

屋根のメンテナンスがしたい

  • 耐震・強⾵時の被害を防ぐためのメンテナンスをしたい。
  • ⾬樋の補修をしてほしい。
  • 屋根のイメージをチェンジしたい。
  • 屋根の断熱性能アップをしたい。

災害へのそなえ

  • 屋根の重みが地震に耐えられるか心配
  • 災害時には資材と人手不足が想定されるので平時に早めに対応したい。
  • 災害に備え耐震診断をしたい。

劣化・寿命なので修理がしたい
Lifespan

屋根には寿命があります

屋根にも寿命がございますが、「屋根リフォームをいつすればいいかわからない」という⽅が多いです。

屋根は、普段から⾬⾵や直射⽇光にさらされる場所なので年数が経てば劣化していきます。そのため適切なタイミングでメンテナンスや修理を⾏うことが⼤切です。

リフォーム時期の⽬安は新築後10年くらい経った頃に⾏うのがベストなタイミングです。
すでに1回⽬のメンテナンス塗装を⾏っている場合は、その後10年経過したころがリフォーム時期としてはおすすめです。
※10年に一回の屋根の塗り替えリフォームはシリコン塗装で塗替えした場合になります。

  •  適切な屋根のメンテナンスはいつ? スレート・セメント系屋根材を想定 ※ストレート系瓦のメンテナンス目安となります。
  •  プロが考える屋根のリフォーム時期

⾬漏りを直したい
Lifespan

⽬に⾒える⾬漏り
⾒えない⾬漏りが有ります

⾬漏りの原因

目に見える雨漏り

目に見える雨漏り

屋根の劣化により屋根素材から吸⽔し、屋根⾃体が割れ、カケなどに劣化現象が発⽣し漏⽔する事が多い。

⽬に⾒えない⾬漏り

⽬に⾒えない⾬漏り

屋根材の内部には防⽔シートが張られていますが、新築時の繋ぎ部分の重ね不⾜や内部結露などの原因により⽳が空いているケースも多い。

⾬漏り放っておく
家全体に被害が及びます

⾬漏りを放っておくと、家全体に被害が及ぶ恐れがあります。早めに修理を⾏うことがとても⼤切です。

  • 構造的に⼤切な垂⽊や野地板などの腐⾷し構造が弱くなる

    構造的に⼤切な垂⽊や野地板などの腐⾷し構造が弱くなる。

  • 内部のクロスが剥がれ、カビや藻が発⽣し⼈体に⼤きな影響を及ぼす。

    内部のクロスが剥がれ、カビや藻が発⽣し⼈体に⼤きな影響を及ぼす。

  • 家の価値の低下してしまう

    家の価値の低下してしまう

  • 屋根からの雨漏りにより漏水し、野地板や垂木が腐食してしまいシロアリも発生する恐れがあります。

    屋根からの雨漏りにより漏水し、野地板や垂木が腐食してしまいシロアリも発生する恐れがあります。

⾬漏りは⾒えないところで被害が拡⼤してしまう可能性があります。放置することで⼆次被害や⾬漏り箇所以外も修理が必要になり、費⽤が⾼くなってしまうことも考えられます。⾬漏りの症状や、天井のシミやカビを発⾒したらなるべく早く修理を⾏いましょう。築20年以上の場合、⾬漏りの点検を⾏うことをおすすめいたします。

災害へのそなえ
Earthquake

30年以内にくる言われている
震災にそなえておく

地震へのそなえ

もしも、震災時に屋根への被害が出てしまった場合には人手不足と資材不足となりなかなか復旧作業が進まない事がここ数年の災害から想定されます。
平時に災害、震災に備えておくことが大切です。

屋根の点検・メンテナンスがしたい
Maintenance

屋根の点検メンテナンス
定期的に⾏いましょう

01屋根のリフォーム

屋根のリフォームと言っても、塗替え工事やカバー工事や葺き替え工事などさまざまなリフォーム工事が有ります。リフォーム工法によって価格もさまざま。
築年数、現状の屋根の劣化具合によっても可能なリフォーム工法も変わってきます。

02地震・強風時に被害を受けない
ためにも点検が大切です

屋根材は釘やビスなどで固定されていますが、⾬⽔などに触れるとどんどん錆が酷くなり固定⼒の低下により、落下、⾶散が起きやすい状態となります。
⽡などの屋根材は劣化には強いかもしれませんが、⽐重が重い為に、揺れに耐えきれずに地震発⽣時には落下やズレが⽣じやすです。
もしもの時のために定期的に点検をおすすめしています。

03⾬樋の交換⼯事

⾬樋(あまどい)の交換時期の⽬安は、新築から約25年です。⾬樋の⼤きさにも差が有りますが、軒樋が⼤きい場合には繋ぎ部分の接着材が重みに耐えきれずに剥離してしまうケースも多々有ります。
⾬樋の詰まりやゆがみ、劣化を放置してしまうとお家全体に被害が及ぶ可能性がございまので、気になったらお早めにご連絡ください。

塗装ができず困っている
Diagnosis

屋根に適した⼯法診断
いたします

塗装ができる屋根かどうか

塗装ができる屋根かどうか

屋根には塗装ができる素材、できない素材が有ります。
屋根によっては塗装しても密着しない屋根材が新築時に施⼯されている場合や、塗装時に隙間を塗料で埋めてしまう事により⽑細管現象」と呼ばれる⾬漏りの原因になる現象が発⽣することがあります。
屋根の塗装には、まず適切な診断が必要です。

×

受付:
平日 8:00〜18:00
⼟曜 8:00〜17:30
fix_img